<< 「キスインヘル」の巻 | Main | 「世界中の人に自慢したいよ」の巻 >>
2015
06.25
Thursday
「東京はアイドル」の巻
author : 山崎彬

キスインヘルの座組は、その作風とは裏腹に、楽しいだけでほんまにエエのかなとたくさん思う。

楽しいだけの感じのせいで、劇の初めから楽しいだけで進むことによって劇中での世界や人物の成長が感じられない時もあって、でもその結束をもって抱く「行くぞオラッ」てパワーも必要だったりする芝居だったりするし、でもお前ら楽しいだけなんやったら劇である必要ないやんけっていうか、好きだけじゃイカれへんぞってイラつくし、かといって、もしも険悪なムードだったら行きたい場所にたどり着けない気もするし、なんとまあ、モヤモヤとしたフラストレーションが貯まる。

本番が始まると、僕の心にはいつもモヤモヤが貯まってきて、こんな程度やないこんな程度やないねんと思ってきて、反比例するかのように高まる座組の興奮に対して意外なほどに冷めてしまったりすることがあって、こっちっかわの思い出なんかいらねーんだよなんて思っちゃって、それを劇場でお客さんの空と一緒に晴らしてゆく時に、ようわからん一瞬の幸福が生まれる。生まれない時ももちろんある。

キスインヘルは、そういうフラストレーションが今までで一番貯まる。

ここにこんなこと書く必要なないのかもしれん。でも言いたいことはそういうことではなくて、つまりは、キスインヘルをブーストさせるべき鬱憤がちゃんと貯まるし、それを健康的に放出できるし、そして何より、こういうことを書くことが許される信頼できる座組だということだ。

僕はどんな場面でも、すべての人が満足いくなんて思わない方で、誰かが我慢して誰かが気持ち良くなってるし、それはそれでいいと思っている。自分が気持ちいいときは誰かが我慢していると思う。その業をそのまま舞台に乗せたいし、その中で唯一の光として、この作品をとんでもないとことまで飛ばすぞってみんなして思えてたらいいなと思う。

あらゆる意味で、僕はこの座組みは今までで一番好きかもしれない。

興奮と結束と幸福とフラストレーションが、みんな舞台の上では自由になれて、舞台の上で解放できていたら、とてもいいし、そうあれるように東京の初日まで最高の準備をしたい。

ちゃんと嫌いなところもあってそれを表明できるのはとてもいい。ぼくはキスインヘルが大好きで、お客さんも含めてこれに関わったすべての人が好きだ。そう言える。

嫌いを知った上の好きだ。

だからこの好きは、これまでのどのいい子ちゃんな宣伝文句の「みんな大好きー」なんかとは比べもんにならない。

みなさん、宜しくお願いします。

東京公演を初めて6年。
本当の意味で初めて、東京の息の根を止めれる座組みを持ってこれたと思ってます。
見たことない景色をみせて、深い愛と耐えがたい嫉妬に包みます。

赤い劇場、東阪ツアー。赤はあなたの中の色。あなたの外は肌色で、肌色のあなたを愛して愛して、あなたの赤色を覗きこみたい。

写真は、大阪の舞台上から撮った客席の様子。

大好きです。今度は嘘じゃないっす。



【チケットのご予約】
〈大阪公演〉 
〈東京公演〉 

【公演詳細】
悪い芝居vol.17
『キスインヘル』
http://waruishibai.jp/KIH/index.html
【作・演出】山崎彬
【音楽】岡田太郎

【出演】
植田順平  岡田太郎 北岸淳生 呉城久美
長南洸生 中西柚貴 畑中華香 山崎彬 渡邊りょう
(以上、悪い芝居)
四万十川友美 田中良子(ブルーシャトル) 土屋シオン 横田美紀

【会場・日程】
●大阪公演 @HEP HALL
2015年6月17日(水)〜23日(火)
17日(水) 19:00
18日(木) 19:00
19日(金) 19:00
20日(土) 13:00 18:00
21日(日) 13:00 18:00
22日(月) 19:00
23日(火) 14:00

※全日程終了!


●東京公演 @赤坂 RED/THEATER
 
2015年6月26日(金)〜30日(火)
26日(金) 19:00
27日(土) 13:00 18:00
28日(日) 13:00 18:00
29日(月) 19:00
30日(火) 14:00







☆チケットのご予約はこちら☆
〈東京公演〉 http://ticket.corich.jp/apply/64213/010/




 
| これ書いた直後、就寝 | 13:23 | comments(0) | - | pookmark |
2017
06.27
Tuesday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク
| - | 13:23 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT