<< 「甘ダレのにおい」の巻 | Main | 「誤解するなら、してみろ!」の巻 >>
2017
10.27
Friday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2015
01.19
Monday
「今すぐ部屋から飛び出して」の巻
author : 山崎彬

サイゼリヤで新しい台本を読んでいて、頭がぐーっとなってくる。
そうしたら、カバンの中から何か本を出して、読む。
ノートを開いて思いつくことを書く。意味もつながりもないことを書く。
去年の領収証をまとめようとしてめんどくさくなったり。
ワークショップのことを考えたり、新作のことを考えたり。
手帳に変更になった稽古予定を書き込んだり。
スマートホンをいじったりして、ツイッター見たり、メール返したりする。
そんでまた頭がぐーっとなってくると、台本にもどる。

台本に、ほかの本を読んでいただろうといわれる。
ノートに何か書いていたでしょう。携帯を見ていたでしょう。
台本を裏切るような行為は絶対にしてない。でもいわれる。
まだ信じてもらえてないからだろう。

新しい台本とは、最初はとってもヨソいき同士だから、だから向き合って、知らないところに不安がって、イイかっこしてるんじゃないかと自分を疑って、でも自分を信じたくて、隠されてるものを全部知りたくて、このセリフは僕ではない誰かに与えられていたもので、だとしてもやるのは僕でから知りたくて、でも知ってしまうのも怖くて、だけど本番の日は決まっていて、その日、会えることは決まっていて、だけどもしかしたら会えないかもしれなくて、会うために今があって、だけどその今はつらくて、なにもわからなくて、こわい。

それでも、台本に向き合うしかない。

つかさんの戯曲は、学生の時に稽古で読んだのと、劇団内発表会みたいなので上演したのと、びわこホールのリーディングに出たのと、そのくらいで、いざひとつの座組でやらせていただくのは初めてで、不安もありますが、その不安の道のほうが、ワクワクする。まだ出会ったことない自分にも、まだ知らない舞台の上の空気にも出会えそう。紀伊國屋ホール。

とてもパワーのある台本だ。
読んでいて、つかれる。
だけど、声に出すと、嘘がない。
嘘をつけない台本だ。
嘘をつかない台本だ。
僕はそこがとても好きだ。
とてもとてもとても好きだ。
そうならば、落ち込んだりする暇がないくらい、愛さないといけない。

冬は寒い。距離は遠い。心は見えない。
だから、冬さえも暑くして、距離もなくして、心を見つめて。

こんな夜にそんなことを思い、明日のために今日も寝る。


 
つかこうへいTRIPLE IMPACT
『ロマンス2015』
【作】つかこうへい
【構成演出】中屋敷法仁

【出演】
鈴木勝大 池岡亮介
杉山圭一 杉ありさ 寺内淳志 柳喬之 山崎彬 岡大和

【会場】紀伊国屋ホール

【日程】
2015年2月17日(火)〜2月22日(日)
17日(火)19:00
18日(水)19:00
19日(木)19:00
20日(金)19:00
21日(土)14:00/19:00
22日(日)14:00

【料金】※全席指定・税込
6500円

【チケット発売日】
2015年1月18日
※チケット発売しました!

つかこうへいTRIPLE IMPACTの他2作品『初級革命講座・飛龍伝』『いつも心に太陽を』の詳細や、チケット料金の学割などの情報は公式サイトをご覧ください。

株式会社アール・ユー・ピー http://www.rup.co.jp/

| これ書いた直後、就寝 | 04:05 | comments(0) | - | pookmark |
2017
10.27
Friday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク
| - | 04:05 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT