<< 「幼なじみみたいね」の巻 | Main | 「私のお墓の前で私が泣く」の巻 >>
2018
08.27
Monday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2014
06.28
Saturday
「お前がいなければ役も世界もない」の巻
author : 山崎彬

このあと寿司食いにいきます。



『マボロシ兄妹』はお前の右脳にしか響かないものになりました。

お前はきっとこのブログも読んでいないことでしょうが、僕はここにお前に向けて言葉を書くしかできません。


悪い芝居がありながら、アンダーヘアを立ち上げて、引っかるものはありました。

京都を拠点にしながら東京の俳優ばかりを集めて、引っかるものはありました。

東京で製作しながら、関西のスタッフばかりを集めて、引っかるものはありました。


劇団があるのに。拠点はあるのに。モノを運搬しなきゃいけないのに。お金もたらふくあるわけじゃないのに。


僕がまだ人だったころの話です。


僕は今、人でなしなので、お前の幸福だけを思い、やりたい芝居をやりたい劇場でやりたい俳優とスタッフを集めて作っています。またきっと人に戻ることでしょう。


人でいたら、傷つきすぎて、もうすでに死んでしまっているさ。死んだらお前は言うでしょう。若いのに惜しいと。


悪い芝居に愛があるからアンダーヘアでやることにしましたし悪い芝居では悪い芝居でやりたいことを存分にやりますし、純粋にやりたい俳優を集めたから関西から二人僕がナンバーワンやと思う人を呼びましたし、京都は好きですし、言い訳でもなんでもなく、ここを読んでないお前がゴチャゴチャいうことに一応釘を射しておこうと思って。


わかる人にはわかると思いますが、お前にムカついたのでも傷つけられたのでもないのです。

演劇が濁る。だから気をつけてくれ。それだけです。


ちっっちぇぇなあ。地球規模で考えろ!!やめよう。濁る。お前って、誰だ?



「マボロシ兄妹」は、純演劇です。

純演劇を観たい人はぜひ来てください。

このコトバと、フライヤーと、サイトをみたら、わかる人には何が言いたいかわかると思います。

まだ普段と変わらないチケットの売れ行き状況です。僕はおかしいと思います。



力を貸してくれ!!!!


寿司食ってくるねっ☆

| 書いても、まだ起きてる | 21:02 | comments(0) | - | pookmark |
2018
08.27
Monday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク
| - | 21:02 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT