<< 「きりんぐみーそふとりー」の巻 | Main | 「ラジオと水と、円、幻、殺」の巻 >>
2016
09.16
Friday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2013
12.28
Saturday
「君にあうような景色をさしあげます」の巻
author : 山崎彬







名刺交換、根回し、交通整理、ご挨拶、接待、信頼の積み上げ。
その延長に実現が待っている。
だけど、それが一番大切みたいなことを得意満面に居丈高に言われてもさ「アハハ」しか言えない。よく遭遇する。

みんな知ってるし。知った上で選択してるし。バカじゃないし。それを意識が低いみたいに言うなんて!
実際の作り手にまでそんなこと求めて、みんなみんなマナーがよくなりすぎて、それはいいことなのだろうか。
夢を見てるやつには「目を覚ませ!」と言ってもいいけど、夢を持つのはいいと思う。

そんなものが大切になっているそのシステムは仕方ないし何も言いませんので、せめて、せめて、それでもせめて、おもろいものをしかるべき場所に届けるためには邪魔なシステムだと、嘘でも言うてください。そのシステムは守りつつ、新たにできることを作っていくのが仕事だと思ってます。変わらなくて、変えられなくて、変えなくていいから。

僕は、ドイツでしか俳優としてしか1作しか舞台に立ったことしかないのでわからないのだけど、海外では名刺交換からの根回しからの接待からの信頼の積み上げがもっとも大事なんだろうな?知らないですけど、ああいうこと言うのが好きな大人のみんなは「海外では海外では」言うんで、ああいう意識も海外に倣ってるのか?どうなんですか?海外のフェスティバルはそうなんですか?そうなんだと思っておこう。なら海外に夢持てなくなるな、僕は。イメージとちがう。あーあ。

ARTCOMPLEX1928や精華小劇場や京都芸術センターがあったから今の自分がある。思いっきり好きなことやらせてもらえて、作品でたくさん傷ついて、よかった。「知ってもらわらなきゃ始まんないんだよー」って、知られてもその人の目が腐っとったら話ならんもんなー。たのむでー。

あなたのフェスがどんななのか全然知らないし興味も持てないので、名刺持って挨拶しにきて。知られなきゃ始まんないっすよ。

バカバカしいっ!!!
 


| 書いても、まだ起きてる | 15:06 | comments(0) | - | pookmark |
2016
09.16
Friday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク
| - | 15:06 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT