<< 「蚊に刺されても掻かない」の巻 | Main | 「きりんぐみーそふとりー」の巻 >>
2017
07.07
Friday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2013
12.18
Wednesday
「あとひとくちのチャーハンがくえない」の巻
author : 山崎彬


ダルカラ『アクアリウム』東京公演ゲスト出演おわりました。観てくれた皆さん、プレゼントとか差し入れとかくれた皆さん、そして僕をおもしろがって受け入れてくれた座組のみんな、ありがとうございました。なにより、また演劇で一緒に遊ばせてくれた谷賢一くんありがとう。まだまだ長い公演、うらやましいので、最後まで走り抜けてくれ。


論理では説明できないことをやりたい。そのことを「どういうこと?」と聞かれても説明できなくてつらいから、いっそ書いてしまいたいのだけど、書こう書こうと考えてみると、論理で考えたりもしてしまうからつらい。論理で考えないようにしてみると、論理で考えないこととはなにかを論理で考えてしまったりしてつらい。

ただ書けばよいのだと助言をもらって肩の荷がおりたような気がして、さぁただ書くぞ、としたときに、書けないなら書かないようにしていると書けないみたいになるからつらい。

それもこれもみんな、もうあんた以外とは仕事できないよ、と、思わせてきたまわりのヤバイやつらのせいだ。責任とってもらいたい。


何が悪いのかわからない、と言うと、鬼畜のようだけど、実際にそうで、もう、どうしようもない。人に言うと書いて信じるということならば、言うということは信じているからであって、だとしたら、言わないということは信じていないということだ。


ほらまた、「だとしたら」などという接続詞を使ってしまっている。つらい。


「死にたい」と口にするも、悲惨で辛くて、また誰かを哀しませるような死に方はイヤだとしたら、「死にたい」というのはまた「生きたい」ということなのでしょう。

ほしかったのは言葉ではなく、言葉を越えるものだった。それが無理なら、言葉でよかった。


ユニクロは朝の11時まで開かない。


夢は大きい。


フェアじゃない。


昔に信じていた人が、つまらなかくなっているのを見て、ひどく落ち込んだりもするので、そうならないように必死に机に向かう。


寒いから一緒にいたいのではない。一緒にいたらその日が寒い日だっただけ。なんかそういうことを書きたい。


差し入れでお客さんに文庫をもらって、その人のこともなんかわかるし、ずっと本棚に残るし、こういうのとてもいいなと思った。


「あとひとくちのチャーハンがくえない」というタイトルにしたけれども、なんか、こういうこと。言葉の向こう側に見える物語をみせたい。


羊水の中をイメージがクロールで泳いでいる、そんな時期がまたやってきました。

泣きながら殺されたい。そのためにも、せいいっぱい生きなきゃ。


たすけてくれ!だしてくれ!


素晴らしき日々。ワンダフル。
| 書いても、まだ起きてる | 11:31 | comments(1) | - | pookmark |
2017
07.07
Friday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク
| - | 11:31 | - | - | pookmark |
COMMENT
ものを創る人の産みの苦しみは・・・他人にはわからなくてつらいですね。
私も・・・かなり前からシナリオを習っていて・・・始めたころはすらすらと書きたいことが出てきて困るくらいだったけど・・・

今は書きたい素材があって、書こうとするけれど、PCを開くと・・・書けなくなってしまう・・・
箱書きとか・・・下書きとか・・・そんなテキスト通りなことできなくなってしまう。
ツイッターで喜安さんとかマギーさんとかライターさんをたくさんフォローしてると・・・私のTLは「かけない」「かけない」だらけになる時があってセツナイ・・・
書くって・・・なんなんでしょうね・・・
| SACHIYO | 2013/12/18 12:24 PM |
ADD YOUR COMMENT