<< 『キャッチャーインザ闇』の巻 | Main | 「春はもう行ってしまったっぽい」の巻 >>
2013
07.06
Saturday
「盆地は暑いよねと君が言う1000倍の暑さが盆地の本当の暑さ」の巻
author : 山崎彬
 
玉置玲央が主宰するカスガイ『バイト』の稽古と本番を終えて、2ヶ月ぶりに京都に帰ってきた。

5月の頭、まだ肌寒かったころ、長袖パーカーと6月を見越したTシャツをキャリーバックにパンパンに詰め込んで、ただ演劇だけをしに向かった。そして、同じキャリーバック転がして、京都に帰ってきた。刺激的な日々。また秋に行けることが楽しみで仕方ないよ。

柿喰う客『恋人としては無理』大阪公演のゲスト出演をキッカケにした4年来の演劇仲間の玲央くんと、やろうやろういつかやろうと言っていたことが実現できたことは本当に嬉しかったし、まだ出会ってなかった人たちにたくさん出会えてよかった。これからもよろしくです。

4年前、僕と出会ってくれた直後にカスガイの1発目は上演され、そして4年ぶりの祭りに呼んでもらえたことは本当に光栄だ。

11人の俳優と、スタッフさんと、お客さんと、その日だけの演劇デスマッチ。
毎日、違う手合わせで、毎日痺れ、毎日迷い、興奮する演劇日和でした。常に最高のモノを出し続けないと死んでしまう世界で、そこを目指していつもいられたことは、当たり前なのだけど、生きてる心地しかしなかった。

見えないはずのものが見えたとき、そこは劇場になる。
そんなことを感じられる瞬間がたくさんあって、もちろん大変なこともあったし、まだまだなこともあったけど、誠実に演劇に向き合うことをこれからもやっていきたいなと、今はそんな気持ちです。

7月、こうして帰って来てみた京都は、それはもう瞳孔開くほど暑いのだけど、また助手の進野くんと夜の京都をチャリ漕ぎながら、今度はホームの悪い芝居のことを話す日々がやってくる。春は行ってしまったけれど『春よ行くな』という演劇をこれからの2ヶ月でつくる。最高じゃないか。

今日、悪い芝居若手公演のトードリ『ライナスの毛布のように』の初日を観てきて、僕はメンバーのことが本当に好きなのだと思った。

誰かを思って心配する恋は、誰かを思って安心する愛に成長してきました。
同じ気持ちを胸に、朗らかに、歩こう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
悪い芝居最新作『春よ行くな』特別先行予約はこちら
7月7日24時まで!
| 書いても、まだ起きてる | 03:55 | comments(1) | - | pookmark |
2017
06.27
Tuesday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク
| - | 03:55 | - | - | pookmark |
COMMENT
京都で、ゆっくりされていますか?
東奔西走でしたね。
京都に帰ってしまった…。
という寂しい思いはない。
ツイートやブログで繋がっているから。
なにより山崎さんの演技が、脳裏に焼き付いているから。五感が満足している。
英気をやしなって下さい。
祇園祭、川床、大文字焼
そうだ京都に行ってみよう。
誰かを想う恋。思う人の幸せを願う恋。
| mgmiko | 2013/07/06 8:16 AM |
ADD YOUR COMMENT