<< 「息も抜かせてよ」の巻 | Main | 「ロッキンオンジャパン今月号の木村カエラちゃんのインタビューがすこぶる素晴らしいレポートで、そればっか何度も読み返してる件について」の巻 >>
2017
07.07
Friday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008
08.28
Thursday
「久遠寺右京にヤキいれられたい朝よりあなただけへの愛をこめて」の巻
author : 山崎彬
京都で一番安い弁当屋「250円(税込262円)弁当」のビッグメンチカツ&コロッケ弁当が好き。安いお弁当のメンチカツは絶対好き。安く、だけど、食べ応え、味の深み、満足感を与えようとするときの最強のおかずだ。
稽古場に行く時、ちょっと早めに出て遠回りして、稽古前に食べるのが幸せなんだー。

昔の日記なんかを読み返して、あー、恥ずかしい、あの時あんなこと考えてたんやー、っていうのを読み返した日の日記に書く、ということを年4回(主に季節・学期の変わり目)している女の子が好き。3回じゃ少ない。5回じゃ多い。年4回している女の子が好き。違う。そういう女の子になりたい。そういうことを言って久遠寺右京にヤキイレラレタイ。


ねえ、ここは悪い芝居の山崎彬の日記。悪い芝居ばかりやってるバカヤロウの日記。間違いないやんね。
ここを読んでくれている人は、悪い芝居(僕も含む)が大好きか大嫌いな人なんだろう?違う?何か悪い芝居(僕も含む)に引っかかる人たちが読んでいるんだろう?
悪い芝居(僕は含まない)や、山崎彬(悪い芝居は関係ない)には興味ないんだろう?

ちょうどいいよ。

ついに今週末だよ、ヨーロッパ企画presents 第5回ショートショートムービーフェスティバル(以下、SSMF)夏の予選会。
お芝居しないんでしょ、イベントに参加するだけなんでしょ、なんて思ってなーい?その通りだよ。だけどそれが何だって言うんだ!!

よく考えてみたんだ。そしたらね、面白い未来が見えてきたんだ。

このSSMFは、悪い芝居が団体として参加する演劇以外の最初のイベント。何だか面白そうじゃない??

5年後、悪い芝居の話をみんながするとき、こういう言葉が使われると思うんだ。


「SSMF以前」または「SSMF以後」

(使い方の例)
「SSMF以前の悪い芝居とその以後では、悪い芝居はまったく違う集団としてカテゴライズされたのだ、と言えよう、とか言うのは過言だ。超過言。あ、言い過ぎってことね☆」


10年後にはこんな言葉が飛び交う。


「SSMFの頃が一番良かった」

(使い方の例)
「SSMFのころが一番良かった。今を見てみろよ。何だ、この様は。悪い芝居なんていうけれど、今じゃただの定食屋じゃねぇか。」


20年後にはこんな言葉が飛び交う。


「SSMFで悪い芝居に1票入れたのは、実はワイなんや。」

(使い方の例)
「SSMFで悪い芝居に1票入れたのは実はワイなんや。あの1票のおかげで、ワイはこうしてまた、悪い芝居でトンカツ定食が食べられるんやからなぁ。」


50年後。


「悪い芝居が実はあのSSMFに参加していたことを知る人間がまた一人逝っちまった。」

(使い方の例)
「寂しくなるねぇ・・ちきしょう。もう一杯くれ」
「あんた、飲みすぎだよ」
「うるせぇ・・・、何だよこれ、塩水じゃねぇか!どこの定食屋が客に塩水飲ますってんだこんちきしょう」
「・・・あんた、それは、ただの水だよ」
「・・おかみ、うぅ・・・・」


95年後。


「じいちゃん、悪い芝居だったの?」

(使い方の例)
「じいちゃん、今度僕、SSMFに出るんだよ。記念すべき100回目、メモリアルな予選会に呼ばれたんだ。」
「そうかい・・、定食屋を継がず、映画監督になりたいなんて言っている、バカの孫よ」
「見てよ!参加するにあたって昔の作品も見せてもらったんだ。
まだ平面映画だったころの作品だよ。平面映画で、たったの5分で、何ができるんだぁいっ!なんて僕思っていたけれど、すごい作品を見つけたんだ。ほとんど映像は擦り切れてよくわからないんだけれど、なんだかビビビッてきた作品なんだ。
えっと・・ね、95年前!!第5回の夏の予選会さ。タイトルは「ゴ」!!監督は、え・・と、わる・・い、し・・」
「悪い芝居」
「え?」
「孫。悪い芝居じゃよ。」
「・・じいちゃん、知ってるの??」
「(親指をグッと突き上げ、自分の顔を指すジェスチャー)」
「まさか・・、じいちゃん、悪い芝居だったの??」
「孫!!孫!!実はじいちゃんはな、SSMF出たことがあるんじゃ。悪い芝居でな。あの時はぁ、楽しかった。まさか・・、な・・、あんなことになるなんてなぁ」
「え?何?何があったの??結果はどうだったの?予選は通ったの??」
「はて?どうだったかな?」
「よおうし!!じいちゃん、タイムマシンで予選会観に行こうよ!!」
「えぇ、今から!!??・・いやぁん、恥ずかしいよぉ」
「いいじゃないか!!ええじゃないか!!僕、擦り切れてない映像を観たい!!
じいちゃん!!一生のお願い!!孫から祖父への通算4回目の一生のお願い!!
僕、悪い芝居監督の擦り切れてない「ゴ」が観たい!!」
「しかたがないのぉ」

こうして、明後日2008年8月30日(土)14時、同志社大学寒梅館ハーディーホールに、この老人と孫が未来からやってくる。擦り切れてない「ゴ」を観るために・・・。

明後日8月30日土曜日、まったく擦り切れていない悪い芝居「ゴ」!!

老人、孫、そして、A・NA・TA!!

擦り切れてない「ゴ」の応酬に、あなたの心は擦り切れる!!
(逆にねハート)←なんの逆じゃぁ〜い!!

悪い芝居「ゴ」

ラスト1分40秒は、誰にも言ってはいけない。

あと、世界も終わろうとしています〜。僕らの「ともだち」によって〜。

COMING SOOOOOOOOOOOONNN!!!!!!!!




あーあ、空飛びたい。
で、めちゃくちゃ高くフライしてから、地上にいるめちゃくちゃカワイイ女の子(片思い)に、「言うの忘れてたけどー、飛べるのは10秒だけだからねー☆」って注意されて、慌てて高度を下げるも落下、ステイしていたその子に看病してもらうんだー。

明後日の土曜日、会えたらいいなー☆
楽しみーだーよー☆☆☆
| これ書いた直後、就寝 | 08:53 | comments(0) | - | pookmark |
2017
07.07
Friday
スポンサーサイト
author : スポンサードリンク
| - | 08:53 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT